即日融資で利息の過払いがあったら誰に相談するの?

即日融資などを利用して、過去に利息を支払過ぎてしまった人は、返金請求ができますというコマーシャルを目にしたことがあるかと思います。利息は法律で上限が決まっているもので、上限以上の金利を取ることが違反ですし、支払い過ぎたものは遡って返してもらえるという利用者の権利です。


即日融資も上限金利を守っている

このような話を聞くと、即日融資などを行っている会社は利用したら法外な利息を請求されてしまうのではないか?などと不安になる、怖くて借りられないという人もいるのではないかと思います。しかし、今は消費者金融などの法律も変わりましたし、厳しく法律で罰せられるようにもなったそうです。消費者金融でも銀行系キャッシングでも、法律を違反した取り立てや利息の請求をされることはないといえるそうです。


過去に支払ってしまっても10年さかのぼれる

過去に支払って、完済してしまったものでも、完済から10年間さかのぼって、返金請求を行うことができます。手元に明細などを残していない場合でも、利用した会社に取引の履歴開示を求めることができます。140万円以内であれば司法書士でも手続き代行ができるそうですから、借りた金額によって弁護士と使い分けるという選択肢もあるそうです。しかし裁判で争う場合、140万円以上になるものは弁護士しか代理人を勤められません。

This entry was posted in 即日融資. Bookmark the permalink.

Comments are closed.